24時間年中無休でご相談を受け付けています
フリーダイヤル 0120-588-024
※ひかり電話はご利用いただけません03-5227-3163へおかけください



任意整理

任意整理とは
任意整理という解決方法は、簡単に言うと裁判所を通さないで、直接貸金業者と和解する方法です。
法律的には個人で任意整理もできますが、任意であるため債権者には話し合いに応じる義務がないため、貸金業者が取り合わないのが現状です。任意整理は法律家にご相談されるのが懸命かと思われます。

分割返済の場合は、基本的に3年~5年で借金を整理します。任意整理は毎月一定額の収入があり、将来に渡ってもその収入が見込め、一時的にまとまった資金の調達が可能な場合に適しています。料金は貸金業者一社あたり21,000円の手数料です。

任意整理のメリット
任意整理のメリット
●弁護士に任意整理を依頼した場合、弁護士介入通知を貸金業者に送ると、取り立てがストップします。
貸金業法という法律で貸金業者が弁護士から受任通知を受け取った後は,債務者本人に対して直接請求行為を行うことを禁止しています。

●市町村役場の破産者名簿や戸籍謄本に記載されることがありません。
自己破産の手続きを取ると破産者名簿や役所の身分証に禁治産者として記載されます。

●破産と違い官報に記載されません。
自己破産は官報に記載されます。

●任意整理する債権者をご自身で選ぶことができます。
保証人ある債権は任意整理手続きをしないという選択肢をとることができます。)

●裁判所を介さないので、裁判所へ出頭する手間が省けます。
個人再生や自己破産では、平日に裁判所から呼び出しがあり、応じなければなりません。

●将来利息が免除されます。
将来利息の免除は、和解成立後の支払いについて、利息の支払いを免除してもらうというものです。

●過払い金が発生したらお金が戻ってくる可能性が高い確率であります。
引き直し計算をした結果払いすぎた利息ある場合は、当事務所から貸金業者に対して返還請求をいたします。

※任意整理のデメリット
●返済額があまり減らない場合があります。
収入の多い方などは、あまり返済額が減らないことがあります。

●和解後、自己破産のように借金が帳消しにはなりません。
自己破産は今までの債務が帳消しになって、新しいスタートが切れます。しかしながら任意整理は和解後、和解金を3~5年で返済しなければなりません。

●5年~10年くらいの間は新たに借り入れができない。
個人信用情報機関にあなたが自己破産された事実が記載されます。金融業者はこの個人信用情報機関の情報を頼りに客に融資を実行するかどうか判断します。自己破産の事実が記載される期間は各個人信用情報機関によって違いますが、CICで5年、日本信用情報機関で10年です

当事務所はご相談料を頂いておりません。ご気軽にご連絡ください


24時間年中無休でご相談を受け付けています
フリーダイヤル 0120-588-024
※ひかり電話はご利用いただけません03-5227-3163へおかけください