24時間年中無休でご相談を受け付けています
フリーダイヤル 0120-588-024
※ひかり電話はご利用いただけません03-5227-3163へおかけください



個人民事再生

個人民事再生とは
民事再生では、家を手放すことなく借金が減額できます。
自己破産をすると、借金も帳消しにしますが、財産も失ってしまいます。これに対して、個人再生では、不動産を残したまま借金を減らすことが可能です。一般的には、マイホームを守りつつ借金を減らす債務整理の方法として用いられています。もちろん、マイホームのない方でも申立てはできます。

減額の割合は、借入の総額によって異なります。
原則として、借入総額が100万~500万で100万円に減額。500万~1,500で、5分の1に減額。3,000万円~5,000万円は10分の1に減額できます。

民事再生手続きとは、住宅ローン以外の借金を減額する手続きです。
家を手放さずに済むのですから、住宅ローンは支払い続けなければなりません。
パチンコや競馬などのギャンブルの借金でも減額できる可能性があります。
一般的にギャンブルの借金については、破産の免責が下りませんが、個人再生なら、総額を減らすことで、実質的に残額の免責と同様の効果が得られます。

※減額された借金を3年間(場合によっては5年間)で全て返済しなければなりません。
将来的に継続した収入の見込める方が対象となります。
サラリーマンのように毎月給料をもらっている方や、個人事業主などのご自分で商売されている方などが対象です。

個人事業主などのご自分で商売されている方などが対象です。

個人民事再生の弁護士報酬は、40万~60万までです。(料金の相違は管轄の裁判所によっての違いです。)

個人民事再生は多種多様です。個人の財産状況等によって変わってくるので、くわしくは、ご相談の際お尋ねください。


24時間年中無休でご相談を受け付けています
フリーダイヤル 0120-588-024
※ひかり電話はご利用いただけません03-5227-3163へおかけください